HOMEAMBIEXスタッフブログ > 小野寺ブログ

小野寺ブログ

温度測定プロジェクト

テーマ:小野寺ブログ
みなさま、こんにちは

スタッフの小野寺です。

プレミアムフライデーですね!!


さて、突然ではありますが、
アンビエックスでこだわっていることのひとつとして「高断熱適気密」があります。

高断熱適気密について⇒http://ambiex.jp/defference


昨今、エコや省エネ、高断熱や高気密というコンセプトを持つ住宅が当たり前となってきました。

数年後には、その一部が義務化されます。

断熱などの性能を、決められた計算式に乗っ取り数値化し、評価するのです。

数値だけを追い求めることは、決して良いとは思いませんが、客観的に評価することは良いですよね。


とはいえ、やはり計算だけではなく、
実際どうなの?ということも同時に知らなければならないことだと思います。

そこで、まずは温度を測ろうということになりました。

単純に、アンビエックスや天然住宅で建てた家の中って、何℃あるの?という話です。

朝起きたときの寝室は何℃

日中のリビングは何℃

お風呂に入るときの洗面室は何℃

といった具合です。


建主様のご協力なしではできないこの温度測定プロジェクトに、
快くご協力していただいたのが、2年半前に天然住宅を建てていただいたS様なのです。

お忙しいところ、弊社事務所にまでご足労いただきました。

本当にありがたいことです。
before
打合せ風景1
測定場所や測定方法など、ご説明させていただきました。床・壁・天井の表面温度も測定していただきます。
→
after
打合せ風景2
打合せ終了直後、ふざけました。お疲れのところ、ノッていただきました。恐縮です。


どんな測定結果が出るのか楽しみです!


そして、お引渡し後もこうやってお付き合いが続いていくのは、とてもありがたく、うれしいことです。

ご縁を大切にしていきたいと、改めて思いました

天然住宅ショートムービー公開!

テーマ:小野寺ブログ
みなさま、こんにちは

スタッフの小野寺です。

春一番が関東を駆け抜けた今週、我ら天然住宅グループには、爽やかで力強い風が吹き抜けました。(?)

グループ会社である天然住宅のショートムービーが完成したのです。

Facebookページでの視聴↓
https://www.facebook.com/tennenjutaku/videos/1225491940898427/

天然住宅HPでの視聴↓
http://tennen.org/news/movie.html

どちらも内容は同じです。


今回完成したのは、天然住宅ショートムービー第一弾「森を守る編」であります。

宮城県の栗駒木材(くりこまくんえん)との取り組みを中心に、わかりやすく、美しく仕上げていただきました。

私も昨年、栗駒の伐採ツアーに参加させていただきました。

ご指導を受けながら、自らの手で杉の木を伐採させていただきました。
大きな音とともに倒れる真っ直ぐな杉の木を見て、「命をいただく」という感覚を覚えました。

そしてその命を誠実に守り続ける林業者と、めんこい牛と馬がいました。

机に向かって、あるいはパソコンに向かって、ひたすら検討して、図面を描いて、模型を作って。

それもとても重要で大事で、いままでずっと大切にしてきたことでした。

でも、それだけでいいの?と、そのときから強く思うようになりました。

あの杉の木が、あの山の杉の木が、ここの柱になる。いま描いている図面の、この柱になる。

そう思いながら設計・デザインができたら、きっとまた違う魅力のある建築になるのではないだろうか。

そう思わずにはいられませんでした。


また、知ってもらうことの大切さも痛感しました。

みなさんもぜひ、ショートムービーをシェア・拡散してください。


知りましょう、林業の底力。

見せましょう、建築の底力を。

上棟式@兵庫県神戸市

テーマ:小野寺ブログ
上棟
みなさん、こんにちは

スタッフの小野寺です。

先日、兵庫県神戸市にて、上棟式を執り行いました。

冬晴れのとても気持ちの良い空。国産無垢材の気持ちの良い空間。大工さんの丁寧で気持ちのこもった仕事。建主様の笑顔。

プライスレス。


ここまでの道のりは、長いものでした。そして、平坦ではありませんでした。

建主様や棟梁のお人柄で、なんとかここまで来ることができたのです。

ありがとうございます
桧の柱
桧の柱です。建主様に山に行っていただき、選定していただいた桧です。ほれぼれするほど美しい桧材です。
金輪継ぎ
棟木の金輪継ぎ。お見事です。全体的に、ビシッ!とした軸組。大工さんの気持ちが伝わってきます。
四方祓い
四方祓い。塩・米・酒を建物の四方に散じます。
上棟式
記念写真。パシャリ。これからもどうぞよろしくお願いします!


木材はサウンドウッズさんにお願いしました。艶のある美しい材です。

山を守る様々な活動をされている、素晴らしい団体です。

サウンドウッズHP
http://www.soundwoods.net/index.html


棟梁は木匠和水建築の廣島さんです。ご縁あり、一緒に家づくりをすることになりました。最近は毎日電話してます!

神社仏閣を中心にやられている大工さんです。素晴らしい技術で、素晴らしい木材を刻んでいただきました。

木匠和水建築Facebook
https://www.facebook.com/%E6%9C%A8%E5%8C%A0%E5%92%8C%E6%B0%B4%E5%BB%BA%E7%AF%89-1672490779647417/


完成の日の建主様の笑顔を想いながら、引き続き頑張ります。

鎌倉石の石積み

テーマ:小野寺ブログ
鎌倉石の石積み
みなさま、こんにちは。

スタッフの小野寺です。

大変ご無沙汰しております。

今年もよろしくお願い致します

久しぶりの更新とあって、いささか緊張しておりますが、どうぞ温かく見守ってやって下さい。

先日、鎌倉の建主様の石積み工事が完了致しました。

実はこの石、ただの石ではないのです

「鎌倉石」と言いまして、現在は採石されていない貴重な石です。

鎌倉石は加工がしやすく、経年変化によって独特の風合いを持つのが特徴です。鎌倉の寺社でよく使われていたそうです。

今回の建築以前は、この土地にも鎌倉石の石積みがありました。建築基準法上、道路を拡幅する必要があったため、解体することになったのですが、鎌倉石は再利用させていただくことになり、今回新たに石積みをつくったというわけであります

そして、鎌倉石の希少性もさることながら、職人さんの技術にも注目なのであります。石をひとつひとつ見極めながら、その石に最適な場所を選んで積んでいく。石もうれしそうです

まだ少し石に余裕がありますので、今後の外構工事にも利用していきましょうと、建主様ともども企んでいるのでした。

地鎮式@東京都江戸川区

テーマ:小野寺ブログ
地鎮式
みなさま、こんにちは。

アンビエックススタッフの小野寺です。

週末は秋晴れの東京です


先日、東京都江戸川区で地鎮式を執り行いました。

グループホームのプロジェクトになります。

こちら⇒http://ambiex.jp/works/project/edogawa_grouphome.html

今回は、神式ではなく、仏式です。仏式の場合、地鎮式や起工式という言い方をします。
鎮物土入
工事の安全を願うと同時に、土地に関わる全ての生き物の供養の意味合いもあるそうです。

掘っておいた穴に、ご住職が鎮物をおさめ、盛砂の土を入れます。続いて、参加者はひとりずつお焼香をあげ、土入れをしていきました。

神式の場合は基礎工事の際に埋めるのですが、仏式は地鎮式の際に参加者で埋めるようです

また、神式では、「エイ、エイ」と声を出しながら盛砂に鋤を入れたりしますが、今回はそれはありません。

お供えものも、神式では鯛をお供えしますが、仏式ではありませんでした。

神式とはまた違う雰囲気です。

仏式もいいですよ!
散華
式中に、ご住職が蓮の花びらの形をした紙を撒きます。

こちら、散華というようです。

いただいてよいとのことでしたので、ひとついただいてまいりました。

裏にはそれぞれ違うお言葉が書いてあるとのこと。


「よろこんで、あたえる人間となろう」


確かに、いただきました。

受け取りました。

がんばります
TOPへ戻る