HOMEAMBIEXスタッフブログ小野寺ブログ > 皮むき間伐ツアー2018inくりこま~建築家は山に行け~

皮むき間伐ツアー2018inくりこま~建築家は山に行け~

皮むき間伐
みなさま、こんにちは。
小野寺です。


梅雨ですね
四季の移ろいに心を寄せる、そんな余裕が欲しいものです。


さて、布施からのバトンを受け継ぎまして、私もくりこまツアーについて書かせていただきたいと思います。

布施ブログ「皮むき間伐ツアー2018inくりこま~子供が成長する自然体験~」

私は、設計者の視点で書かせていただきます。きっと長くなりますが、お付き合いください。
皮をむきたての杉
私は大学で建築を学び始めました。つらい課題漬けの毎日に「やめてやる!」と思ったことなど数知れず。素晴らしい先生や友人と出会い、刺激をもらいながら、なんとか食らいついた学生時代でした。

そのときからずっと、私は「建築畑」に身を置き、生きてきました。

そして現在も、図面を描いたり、模型を作ったり、建築基準法令集とにらめっこをしたり、事務処理をしたり、という日々です。東京のデスクで過ごすデイタイムは、あっという間に過ぎ去ります。

やっていることは、学生時代と変わらないかもしれません。

しかし、明らかに違うのは、「社会とつながった仕事をしている」という自覚を持つことができた点です。

日本にたくさんある杉の木を、適切な方法で伐採し、乾燥させ、特性を活かした方法で使わせていただく。そのために、山から建築現場に至るまで、それぞれの場所でそれぞれの能力を発揮し、仕事をする。設計者や工務店だけではなく、山で働く方々にもお金が支払われるようにする。

私が建主様の御宅を設計することで、建主様の暮らしだけではなく、森にまで想いを巡らせることができる。

これは、とても幸せなことです。
お馬さん
一方で、日々の業務に追われていると、その幸せのことや森のことが、薄れていくこともあります。情けない話です。

年に2回のくりこまツアーは、それをはっきりとしっかりと思い出させてくれる、戻るべき場所なのです。

あるときは眉間にシワを寄せながら、あるときはドキドキワクワクしながら、図面や模型と格闘する。これは、私がずっとやってきたことで、とても大切な時間であると信じています。

でも、やっぱりそれだけじゃないんですね。

木は山で生きています。その山で、まさに命がけで働く方々がいます。そこでは、馬も牛も共存して、暮らしを営んでいます。

図面に「柱 120mm×120mm」と描いただけで、空から柱が飛んできて、勝手に建つわけではないんです。

山に生きている命をいただき、私たちの住まいは建てられます。ツアーでは、まさに、命をいただくという体験を通して、多くのことを学ぶことができます。
日本には木がたくさん
「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、「百見は一体験にしかず」という言葉もあるそうです。

設計者が、実際に山に入ることは大切だと思います。きっと、多くのことを学び取ることができます。

そして、絶対に日々の業務に活きます。これからの建築家としての生き方に、必ず活きます。

そう、建築家こそ、設計者こそが、参加してほしいツアーなのです。

建築家が木をたくさん使う図面を描かないと、なかなか使われないんです。せっかく取得した国家資格をフルに活用し、木を使おうじゃありませんか。

11月には伐採ツアーを開催予定です。建築家の方々のご参加をお待ちしております!

建築家は山に行け。

見せましょう、建築家の底力を。

やればできるんだ。
関連のAMBIEXスタッフブログを見る
TOPへ戻る