HOMEAMBIEXスタッフブログ > 小野寺ブログ

小野寺ブログ

完成見学会を開催します@鎌倉市

テーマ:小野寺ブログ
ガルバリウム鋼板の外壁

こんにちは。スタッフの小野寺です。


みなさま、お元気でしたでしょうか?


鎌倉市の住宅が完成致しました


この度、建主様のご厚意により、完成見学会を開催させていただくことになりました。


しかも、10月22日(土)、10月23日(日)の2daysです


お申し込みは天然住宅のHPにてお受けしております


tennen.org/event/kamakura-2.html



外壁はガルバリウム鋼板です。以前、このブログでもご紹介させていただきました。

周囲の落ち着いた環境になじむように、張り方と色を慎重に検討させていただきました。ヒノキのバルコニーと布団掛けがアクセントになっています。
造作キッチンと御影石の作業台
奥様がマクロビ料理の料理教室をする予定なので、キッチンにはこだわりました。大勢での作業を想定しています。

こだわりの造作キッチンは国産杉材です

手前は作業台。天板は天然の御影石です。

みなさんで囲んで作業ができます。

もちろん、簡単な食事もできるのです。

あるいは、奥様がお料理しているときにお子さんが勉強したり
造作洗面台
洗面台です。ニッチには神代ニレ、鏡枠にはの木を使っています。
※鏡への映り込みは気にしないで下さい。
カラークロスのトイレ
トイレには黄色のカラークロスを採用しました。
階段下のテレビ台と間接照明
杉の軽やかな階段の下にはテレビ台を作りました。テレビの後ろに間接照明を設えると、目が疲れにくいといいます。
ほんの一部ご紹介させていただきましたが、今後「実例」にもアップしますので、ご期待ください!


完成までに、大変長いお時間を頂戴してしまった建主様です。

途中、奥様のご出産もありました。

かわいいお子さんのために、私も気が引き締まりました。

いろいろあったなぁ、などと個人的な想いもありながらも、やはり、「おめでとうございます」の一言です。

家は住み始めてから本当の家になるのだと思います。

そして、アンビエックスの住宅は、住めば住むほどに、いい家になっていくはずです。

建主様のこれからの暮らしを、私も楽しみにしております


完成見学会へのお申し込みは天然住宅のHPへ!

http://tennen.org/event/kamakura-2.html


足場解体@神奈川県鎌倉市

テーマ:小野寺ブログ
ガルバリウム鋼板横葺き
みなさん、こんにちは

小野寺です。

東京は明日からまた天気が崩れるようです。


さて、本日鎌倉市に現場確認に行って参りました

外壁の回りを覆っていた足場が解体されました。外観が露わになったわけですが、とてもいい感じに仕上がっていますね!

これから桧のバルコニーが取り付けられ、桧の布団干しが取り付けられ、外観のいいアクセントにもなることでしょう
合板を使わないキッチン
こちらは、無垢杉の造作キッチンの一部です。

この上にステンレスの天板が乗りますが、見ての通り、その下地にも合板は使用されていません。無垢の杉材です。

見えなくなるところにも、こだわりを。

その積み重ねで、全体が良くなるのだと思います

完成が楽しみです!

漆喰パターン決め@神奈川県鎌倉市

テーマ:小野寺ブログ
漆喰パターン決め
みなさま、こんにちは。

アンビエックスの小野寺です。

東京は毎日雨です
湿度が異常です


そんな中、鎌倉市の現場にて「漆喰パターン決め」のお打合せをしてきました!

漆喰仕上げの場合、いろいろな仕上げパターンがあるので、実際に現場で職人さんにサンプルをつくっていただきました。

それを見ながら、建主様含めて検討しました
コテ波ランダム仕上げ
コテ波を少し残すのか、はっきりと残すのか、あるいはフラットに平滑に仕上げるのか、などなど。

職人さんも丁寧に説明してくださいました。

いろいろと悩みましたが、コテ波をランダムに残すというパターンに決まりました!

手間のかかる仕上げですが、快諾してくださった職人さんに感謝ですね

ご家族3人の手形も残すことになりました

楽しみですね~

ガルバリウム鋼板横張り@神奈川県鎌倉市

テーマ:小野寺ブログ
ガルバリウム鋼板横張り
こんにちは。
アンビエックスの小野寺ブログです。

関東梅雨明けしました

おめでとうございます


先日、鎌倉市の現場確認に行ってきました。

こちらの外壁はガルバリウム鋼板を横に張って仕上げます。アンビエックスではガルバリウム鋼板をよく使います。

コラム「長持ち!ガルバリウム鋼板の外壁」⇒http://ambiex.jp/column/c_sozai/galvalume.html

いつもは縦張りが多いのですが、今回は横張りとし、下見板張りのように少し重ねて張ります。

材の継ぎ目の縦の線もあいまって、落ち着いた陰影が出ているではないでしょうか

色も濃茶をお選びいただき、鎌倉の風土にあっていますね。周囲の緑とも相性バッチリです。これから桧のバルコニーも取りつき、木との相性にも期待できます!

完成が楽しみです

アンビエックス小冊子作成中!

テーマ:小野寺ブログ
小冊子作成中
みなさんこんにちは

アンビエックスの小野寺です。


東京は蒸し暑い日が続いております。突然の大雨も


さて、アンビエックスのことをもっと分かりやすく伝えるために、小冊子を作ろうということになり、試行錯誤しております。


プロにお願いするのもアリですが、自分たちでやってしまうのもアリですね。

むずかしいです。。



分かりやすく伝えることが一番大切です。

それこそが、デザインだと、私はそう思います。

「機能」と「デザイン」という言い方をよくしますが、デザインという概念には、当然「機能」は包含されています。

音楽もそうですね。「詞が良い」とか「曲が良い」とか、そういうことではなく、すべてがひとかたまりでやってきて、それをキャッチしたときにこそ、感動が生まれるのだと思います。

そのような小冊子を目指しています


TOPへ戻る