贅沢な食卓

タラの刺身
みなさんこんにちは。アンビエックスの小野寺です。


週末に、兄に誘われ、私は贅沢をしてきました

「タラの刺身と白子が手に入りそうだから一緒に食べない?」という甘い誘惑に即答したのでした

というわけで、兄が通販(というと安っぽいですが)で購入し、兄宅でいただいてきました。

まず、タラの刺身っていうのが世の中には少ないと思います。タラは鮮度が落ちやすいので、刺身はなかなか食べられないのだそうです。

三陸の鮮魚店で水揚げしたものをその日のうちに出荷するシステムのようです。もちろん今の時期だけです。

とても新鮮で、濃厚で、ふわふわしていました

食べたことがない味。右のほっぺたが落ちました。


白子
次は白子とワカメ。

しゃぶしゃぶで食べるんです。

もう、左のほっぺたもすぐに落ちてしまいました

白子は超濃厚。ワカメも肉厚。色まで美しい。

こんな美味しい白子は今まで食べたことがありません。

いずれも三陸産です。
日高見
そして、お酒は故郷の「日高見」です。

もう、言うことない状況で、ふたりで「これはうまい!」とか「はぁ~」とか「うわぁ~」とか、言葉も出なくなりました。

とっても贅沢ではあったのですが、決して高いお金を払ったわけではありません。

故郷の味、故郷のお酒、とても豊かな時間でした。

私は宮城県でも内陸の出身なので、海側とはあまり縁がありませんでした。海水浴で行く程度だったかもしれませんが、震災でなくなっていく思い出の町を見るのは、とってもつらい気持ちでした。

震災をきっかけにして、兄も私も海の食べ物や文化と触れる機会が多くなりました。皮肉なことかもしれないですが、感謝していただくことを改めて学んだような気がします。


そんな話をしながら、最後はふたりとも眠ってしまったのでした。。
関連のAMBIEXスタッフブログを見る
TOPへ戻る