HOME > AMBIEXスタッフブログ

AMBIEXスタッフブログ

汚水浄化システムの見学

テーマ:布施ブログ
柳田ファーム
みなさんこんにちは。アンビエックスの布施です。

梅雨明けと同時に暑い夏がやってきましたね。

こんな日は海か山に行きたいものです。。


さて、先日汚水浄化システムの見学に柳田ファームへ行ってきました。

柳田ファームは豚の畜産をしている会社ですが、普通の養豚場とは違います。

養豚場特有の強烈な糞尿の臭いがそこまで強くないのです。

そしてその立役者は、なんと微生物です。

柳田ファームでは、微生物による汚水浄化システムを作り、300~350頭の豚の糞尿を全て処理しているそうです。

酸素を好む好気性微生物の発酵槽→好気性+嫌気性微生物の槽→嫌気性微生物の槽と移行していく中で微生物により糞尿が分解されていくというものです。

驚きなのは、糞尿が最初に入る発酵槽の前に立っても臭いがほとんどないということです。

そして、その過程を経てできた酵素水(エナジー水)を豚に与えると健康で品質の高いものになるそうです。

さらに、この技術を応用した簡易システム「あ・うんユニット」も見せて頂きました。
既製品の便槽やブロアー、水中ポンプを組み合わせたシンプルなユニットで、住宅への設置も可能です。

郊外での畑付の住宅やエコヴィレッジにて検討していきたいと思いました。

近年、悪臭防止法という法律もでき、畜産業者は臭い対策に頭を抱えているそうです。
こういう技術が広がると、好循環の社会につながっていく気がしました。

エナジー水
汚水が最終的にここまできれいな水となります。
柳田ファームでは、この水を鯉やウグイのいる池に流したり、畑に撒いたりして利用しています。
見学風景
見学風景。皆、真剣に聞いています。
天然住宅でお家を建てた「オフグリッド生活」で有名なサトウチカさんご夫妻も見学に来られていました。
早速、ご自宅で導入すると宣言されていました。
次なる展開が楽しみですね
エナジー水を使用した畑。
エナジー水を使用した畑。
肥料や農薬が必要ないそうで、さらに、エナジー水を希釈した水を葉面散布すると収穫が増えるそうです。
エナジー水を使用した畑。
エナジー水を使用した畑。
里芋の葉が大きく育っています。
採れたてのスイカ。
柳田ファームの畑で採れたスイカを頂きました。
とても甘くて瑞々しいスイカで、1玉があっという間になくなりました。
柳田ファームの豚肉入りカレー
柳田ファームの豚肉入りカレーもごちそうになりました。
野菜も豚肉もとても美味しくて、大満足でした。
ありがとうございました!

ガルバリウム鋼板横張り@神奈川県鎌倉市

テーマ:小野寺ブログ
ガルバリウム鋼板横張り
こんにちは。
アンビエックスの小野寺ブログです。

関東梅雨明けしました

おめでとうございます


先日、鎌倉市の現場確認に行ってきました。

こちらの外壁はガルバリウム鋼板を横に張って仕上げます。アンビエックスではガルバリウム鋼板をよく使います。

コラム「長持ち!ガルバリウム鋼板の外壁」⇒http://ambiex.jp/column/c_sozai/galvalume.html

いつもは縦張りが多いのですが、今回は横張りとし、下見板張りのように少し重ねて張ります。

材の継ぎ目の縦の線もあいまって、落ち着いた陰影が出ているではないでしょうか

色も濃茶をお選びいただき、鎌倉の風土にあっていますね。周囲の緑とも相性バッチリです。これから桧のバルコニーも取りつき、木との相性にも期待できます!

完成が楽しみです

棚のこと

テーマ:清水ブログ
可動棚
設計をするときに、やはり便利なので棚を作りつけることが多いです。
家具よりも割安にできますし、何より隙間をつくらずぴったりの大きさの棚を作れます。
可動棚として、棚板をあとから自由に移動できるようにするのが便利です。
可動棚 ガチャレール

可動棚
棚柱とか、ガチャレールと呼ばれる棚受けの金物を付けて、そこにひっかける専用の棚受用の爪を取付けるタイプです。
棚柱だけ付けておけば、後から爪と棚板を用意して追加することも、逆に棚を外すことも簡単です。
棚柱はメーカーごとに種類があり、爪もメーカーごとに違うので注意。
棚受け金物
同じく棚柱ですが、背面から棚を受けるタイプの金物です。
広い面に取付けたい時におすすめ。
リビングの壁面の飾棚にしたりも良いですね!
レールは壁に埋め込むこともできます。
固定棚 すのこ
固定棚は、普通の板を取り付けたりもしますが、
写真はお布団収納用棚です。
無垢杉で棚を作っているので、吸湿性能は高いのですが、すのこ状に作ることでさらに通気性を確保してます。
棚 アイアン
素敵な棚受け金物を利用して棚を取付けるのも良いです!!
以上!超シンプルな棚をご紹介いたしました。

アンビエックス小冊子作成中!

テーマ:小野寺ブログ
小冊子作成中
みなさんこんにちは

アンビエックスの小野寺です。


東京は蒸し暑い日が続いております。突然の大雨も


さて、アンビエックスのことをもっと分かりやすく伝えるために、小冊子を作ろうということになり、試行錯誤しております。


プロにお願いするのもアリですが、自分たちでやってしまうのもアリですね。

むずかしいです。。



分かりやすく伝えることが一番大切です。

それこそが、デザインだと、私はそう思います。

「機能」と「デザイン」という言い方をよくしますが、デザインという概念には、当然「機能」は包含されています。

音楽もそうですね。「詞が良い」とか「曲が良い」とか、そういうことではなく、すべてがひとかたまりでやってきて、それをキャッチしたときにこそ、感動が生まれるのだと思います。

そのような小冊子を目指しています


柿渋和紙

テーマ:布施ブログ
柿渋和紙
みなさん、こんにちは。アンビエックスの布施です。

先日、和紙のショールームへ行ってきました。


手漉きによる美濃和紙をベースに漆、柿渋、にかわにてそれぞれ色付けし、1枚1枚職人さんが仕上げていくものだそうで、とても風合いがあります。

自然素材にこだわり手間を惜しまずに作るモノづくりの姿勢は、AMBIEXの家づくりにも重なり、とても共感できます。







柿渋和紙の建具
今回は、リノベーションの現場にて既存建具の仕上げとして検討しましたが、最終的に柿渋和紙を採用しました。

既存の建具框を削り、見付を小さくしています。

経年変化により、飴色に変化した杉の框との相性もバッチリで自然の色ムラが周囲の自然素材とよく馴染んでいました。


今回、柿渋和紙を使用したリノベーションの完成見学会を今週末に開催します。

ご興味がある方はぜひ下記天然住宅のHPよりお申込み下さい。

http://tennen.org/event/renove-3.html


TOPへ戻る