HOMEAMBIEXスタッフブログ > 布施ブログ

布施ブログ

南アルプスを望む長屋@北杜市

テーマ:布施ブログ
南アルプスを望む敷地
みなさん、こんにちは。
スタッフの布施です。

長らくブログが滞ってしまいました

旅に出ていたわけではないのですが。。一度途絶えるとつい億劫になってしまいますね。

不定期ですいませんが、お付き合い頂けるとうれしいです


先日、山梨県北杜市へ敷地の現調に行ってきました。

八ヶ岳の眺望を期待しつつ敷地に到着すると、八ヶ岳のみならず南アルプスの絶景が広がっていました。

感動すら覚えるほどの山好きにはたまらない敷地です。

こういう場所で生活すると人生観が変わりそうですね。

強烈な寒風の中、イメージを膨らませていました。


畑付のエコアパートを計画する予定です。

乞うご期待ください!

土壁デザイン検討

テーマ:布施ブログ
はらぺこあおむし
みなさん、こんにちは。
スタッフの布施です。

現在進捗中の保育園木質化リフォームにて、土壁アートを検討しています。

作品を手掛けて頂く三木さんは、左官名人榎本新吉さんのお弟子さんだそうで、喫茶店でアルバイトをしているときに榎本さんに声掛けられ、左官の道に飛び込んだそうです。


今回、「木育」をテーマに保育園らしい題材ということで、はらぺこあおむしをモチーフにしています。
あおむしが成長して美しい蝶になるように、子供たちの成長を重ねています

色は全て天然の土のみで、化学接着剤などケミカルなものは一切使用しないそうで、AMBIEXの考え方に共通するものがあります。


今後、住宅を設計する中でもご提案していければと思います。


温かみのある印象に残る壁になりそうで、完成が楽しみです
はらぺこおあむし
はらぺこおあむしのサンプル。

土ならではの素朴でやさしい雰囲気がよく出ています。
背景の白土は、無漂白のわらが混ぜ込まれ、漆喰とも違うやわらかい白色を表現しています。

全て土そのものの色で、遠くは沖永良部島の土もあります。
師匠の榎本さんが日本全国で収集した土が200種類程ストックされているそうです。
土絵サンプル
土絵サンプル。

当初検討していた山並みをイメージした抽象的なデザイン。
土絵サンプル
土絵サンプル。

事例として見せて頂いた土絵のサンプル。
絵本の世界を色彩豊かに表現しています。
これも全て土でできているとは驚きです

栗駒伐採ツアー

テーマ:布施ブログ
エコラの森保養所
みなさんこんにちは。スタッフの布施です。

先週末、栗駒へ伐採ツアーに行ってきました

僕自身、5年振りの参加となりましたが、以前に比べ遥かに充実した内容となっておりました。

今回、初めて息子も連れて行きましたが、大自然の中、薪割り体験、牛や馬との触れ合い、伐採体験(これは見てただけですが)など、終始楽しそうに過ごしていました

滞在中、参加者の方々に沢山声を掛けて頂いたからか、帰宅後、妻にこの3日間でおしゃべりが上手になった気がすると言われるほどでした


子供にとっては、とても貴重な体験が沢山詰まったツアーですので、小さな子供さんのいるご家族にもオススメしたいです。


次回、来春の皮むき間伐ツアーも今から楽しみです!

今年の皮むき間伐ツアーの様子はこちらの天然住宅HPをご覧ください。
薪割り体験
薪割り体験。
参加者の小学6年生の子供さんです。
すっかりハマってしまい、休憩時間も惜しんで、誰よりも薪を割っていました。

どんどん上手くなり、最終的に、栗駒のスタッフの方からスカウトされていました
薪割り体験
息子と一緒に薪割り体験。
最初は、緊張の面持ちでしたが、徐々に楽しくなってきたようで、最終的に、誰よりも大きな声で「よいしょー!」と掛け声をかけていました
休憩中
自然の中にいると、子供たちは、自由に周囲のもので遊び始めます。
栗拾い
山の中では、栗拾い。
伐採場所までの移動
伐採場所までの移動。
薪割り体験の場所から伐採場所まで山道を歩きます。
2回目は、馬やトラックの荷台に揺られて上りました。
馬乗り体験
馬乗り体験。
いい笑顔です
馬搬をしてくれる琴姫。優しい表情に皆癒されていました。

栗駒くんえん工場見学
栗駒くんえん工場見学。
杉のチップの山に腰かけたり、触ったり、匂いを嗅いだりと、子供たちは素直な行動をします。
笹舟作り
お兄さんに笹舟を作ってもらい興味津々です。

保育園木質化リフォーム02

テーマ:布施ブログ
床下へのウール断熱充填
みなさん、こんにちは。
スタッフの布施です。

今回も、保育園木質化リフォームの現場の様子をお届けします。

リフォームの現場では、時々想定外なことが起こります。

先日、和室の畳を剥がしたところ、床下に断熱材がありませんでした
今回、杉床へ張り替えるにあたり、現場監督の裁量で、ウール断熱を充填してもらっていました
現場の想定外に対する対応力によって、快適さや仕上りが大きく変わってきますね。

これから寒くなるので、ウールと杉床が効果を発揮してくれることを期待しています


窓付建具
天井高まで目一杯の窓付建具。
スッキリと見せるため、なるべく余分な要素はなくしました。
枠をなくし、窓の押縁をなくし、壁の巾木や廻り縁もありません。
出隅の納まり
出隅の納まり。
細かいところですが、壁の出隅は、5㎜の目透かし(溝)を施しています。
突き付けによる目違いや、将来的に木が動いたときのズレが目立たない工夫です。
無垢材ならではの意匠ですね
しっくいワークショップ。
しっくいワークショップ。
オーナーのご主人自らしっくい塗をしています。
しっくい塗の勉強をされているだけあって、職人さんも感心するほどの腕前でした。
仕上りが楽しみです

保育園木質化リフォーム

テーマ:布施ブログ
木質化工事
みなさん、こんにちは。

アンビエックスの布施です。

現在進行中の保育園の木質化リフォーム現場をご紹介します。

今回、「木育推進事業」として木質化工事費の半額が補助金として出る予定です。
東京都としても小さい子供の環境作りと多摩産材の利用を後押ししている素晴らしい制度だと思います

既存の保育園を運営しながらの工事ということで、各部屋順番に土日祝限定の難しい工事となっていますが、現場監督の濱中君(素材工房)をはじめ、職人さんが一致団結して頑張ってくれているため、滞りなく進んでいます

写真は、サッシ枠を杉の無垢材で作っているところです。

外壁には断熱材が入っていなかったので、ウール断熱材を充填し、一部構造補強もしました。







before
既存幼児用トイレ
既存の幼児用トイレ。

北側に面し、冬場は寒く、床のタイルが冷たいためゴムマットを敷いていました。
→
after
幼児用トイレ
リフォーム後の幼児用トイレ。

廊下との段差をなくし、出入口もオープンにし、床と壁を多摩産の杉材で覆いました。
裸足でも温かみのある空間となりました。
サッシ枠も杉の無垢材に変えたのが効いています。
杉板張りの壁
杉板張りの壁。

カンナ掛けをした超仕上げの杉板張りなので、製油分により塗装をしたように艶が出ています。




before
既存の下足入れ
既存の下足入れ。
→
after
杉の下足入れ
杉の下足入れ。

職員用の下足入れ部分のみ建具(引戸)を入れました。
白木のキレイな仕上がりとなりました。
TOPへ戻る