HOMEAMBIEXスタッフブログ > 小野寺ブログ

小野寺ブログ

木こりの山仕事体験ツアー2018 in くりこま ~建築家はやっぱり山に行け~

テーマ:小野寺ブログ
エコラの森
みなさま、こんにちは。小野寺です。


今年もあと少し。
終わりよければすべて良しの精神で、頑張りましょう。



久しぶりの更新となってしまいましたが、先日スタッフとして参加した「木こりの山仕事体験ツアー」について書きたいと思います。


↓↓こちらもお読みください↓↓



5月に参加した皮むき間伐ツアー同様、今回のツアーでも感じたこと。

それは、「建築家はやっぱり山へ行け」でした。
玉切り

山に行き、林業に関わる人たちの話を聞き、木を伐る。

私はこの体験をし、設計への向き合い方が変わりました。遠く宮城の森へ、想いを巡らせるようになりました。

やっぱり、日本にたくさんある木を使うべきです。

適切に使うことで、それが山の環境を守ることにつながります。山の環境を守ることは、人の暮らしを守ることにつながります。

もちろん、いろいろあります。設計してると、本当にいろいろあります。

でも、建主様の暮らしはもちろんですが、山のことや木こりさんのことを考えながら設計できたら、素敵じゃないすか。

その「素敵」を建主様と共有しながら進めていけるなんて、本当に幸せなことです。

建築をつくることで、いろんな人が幸せになり、社会が豊かになる。そうありたいです。

私は、建築の力を信じたいです。

建築の力で、すべてをより良くしたい。そう思っています。

建築家は、形のない複雑な全体をまとめ、形ある建築として答えを出すことができます。

答えを出すまでの間に、いろんな人と助け合います。その横のつながりこそが、とても大切です。

ひとりでできることなんて、ひとつもありません。
笑顔の伐採1
笑顔の伐採2
だからやっぱり、建築家は山に行った方がいい。

信念を持って山と向き合い、社会のために働く林業者のことを知るべきです。

自分が図面で指定している、その材料のこと。どれだけ知っているのでしょう。その材料の故郷を知るべきです。
いい顔です
親子でいい顔です
まあ、とは言いましても、まずは気軽に行きましょう。

お酒でも飲みながら、みんなで楽しく話しましょう。
朝ごはんもいい顔です
いい顔してます
そろそろお気づきかもしれませんが、みんな、いい顔してるんです。

それこそが、山からの一番の恵みなのかもしれません。

皮むき間伐ツアー2018inくりこま~建築家は山に行け~

テーマ:小野寺ブログ
皮むき間伐
みなさま、こんにちは。
小野寺です。


梅雨ですね
四季の移ろいに心を寄せる、そんな余裕が欲しいものです。


さて、布施からのバトンを受け継ぎまして、私もくりこまツアーについて書かせていただきたいと思います。

布施ブログ「皮むき間伐ツアー2018inくりこま~子供が成長する自然体験~」

私は、設計者の視点で書かせていただきます。きっと長くなりますが、お付き合いください。
皮をむきたての杉
私は大学で建築を学び始めました。つらい課題漬けの毎日に「やめてやる!」と思ったことなど数知れず。素晴らしい先生や友人と出会い、刺激をもらいながら、なんとか食らいついた学生時代でした。

そのときからずっと、私は「建築畑」に身を置き、生きてきました。

そして現在も、図面を描いたり、模型を作ったり、建築基準法令集とにらめっこをしたり、事務処理をしたり、という日々です。東京のデスクで過ごすデイタイムは、あっという間に過ぎ去ります。

やっていることは、学生時代と変わらないかもしれません。

しかし、明らかに違うのは、「社会とつながった仕事をしている」という自覚を持つことができた点です。

日本にたくさんある杉の木を、適切な方法で伐採し、乾燥させ、特性を活かした方法で使わせていただく。そのために、山から建築現場に至るまで、それぞれの場所でそれぞれの能力を発揮し、仕事をする。設計者や工務店だけではなく、山で働く方々にもお金が支払われるようにする。

私が建主様の御宅を設計することで、建主様の暮らしだけではなく、森にまで想いを巡らせることができる。

これは、とても幸せなことです。
お馬さん
一方で、日々の業務に追われていると、その幸せのことや森のことが、薄れていくこともあります。情けない話です。

年に2回のくりこまツアーは、それをはっきりとしっかりと思い出させてくれる、戻るべき場所なのです。

あるときは眉間にシワを寄せながら、あるときはドキドキワクワクしながら、図面や模型と格闘する。これは、私がずっとやってきたことで、とても大切な時間であると信じています。

でも、やっぱりそれだけじゃないんですね。

木は山で生きています。その山で、まさに命がけで働く方々がいます。そこでは、馬も牛も共存して、暮らしを営んでいます。

図面に「柱 120mm×120mm」と描いただけで、空から柱が飛んできて、勝手に建つわけではないんです。

山に生きている命をいただき、私たちの住まいは建てられます。ツアーでは、まさに、命をいただくという体験を通して、多くのことを学ぶことができます。
日本には木がたくさん
「百聞は一見にしかず」という言葉がありますが、「百見は一体験にしかず」という言葉もあるそうです。

設計者が、実際に山に入ることは大切だと思います。きっと、多くのことを学び取ることができます。

そして、絶対に日々の業務に活きます。これからの建築家としての生き方に、必ず活きます。

そう、建築家こそ、設計者こそが、参加してほしいツアーなのです。

建築家が木をたくさん使う図面を描かないと、なかなか使われないんです。せっかく取得した国家資格をフルに活用し、木を使おうじゃありませんか。

11月には伐採ツアーを開催予定です。建築家の方々のご参加をお待ちしております!

建築家は山に行け。

見せましょう、建築家の底力を。

やればできるんだ。

青い空とお引渡し@世田谷

テーマ:小野寺ブログ
引渡証明書にサイン
みなさん、お待たせ致しました。

小野寺です。

夏が近づいてきましたね


さて、先日、世田谷にてお引渡しをさせていただきました!


地鎮祭、晴天。

上棟式、晴天。

その集大成であるお引渡しは、いかに!?



見たことないくらいの青空でした!

ご主人、完全に、晴れ男認定です

「実例」にもアップしたいと思いますが、少しだけご紹介させていただきます!

そとん壁の外壁
外壁は火山噴出物であるシラスを使用した、高千穂シラスの「そとん壁」。ヒノキの木枠との相性もグッドです。
イタヤカエデのフローリング
2階リビングのフローリングはイタヤカエデ。手摺はヒノキ。クロスはポイントでグリーンも使用しました。
自然光の入るキッチン
キッチンには自然光をたくさん取り込みました。奥様にとっては自分の部屋のような存在ですので、心地よさにこだわりたいですね。
軽やかなストリップ階段
階段は、光が奥まで届くように、できる限り軽やかに。
記念撮影
無事お引渡しさせていただき、できたてホヤホヤの新居にて、ご夫婦がここに至るまでの道のりをお話してくれました。

一難去ってまた一難。決して平坦ではなかったことは、私にも想像できます。

家づくりを通して、少しでもお力になれたのならば、建築設計をする私にとって、これ以上の幸せはないのかもしれません。

でも、やはり思うのは、ご夫婦の仲の良さこそが一番のパワーですね!
家づくりは、暮らしづくりです。暮らしは、豊かであるべきです。家族の笑顔は、豊かさそのものではないでしょうか。

少し照れ臭いですが、その笑顔のために、私はこれからも一生懸命働きたいです。


そして今度、ご主人と野球観戦に行きます!

お引渡ししてもなお、こうやってお誘いいただけるなんて、本当に私は幸せ者です。

ありがとうございます。


仲の良いご夫婦での、楽しい暮らしをお祈り致します。


こちらは上棟式のご様子です。合わせてご覧ください!

ブログ「青い空と上棟式@世田谷」

実例を更新しました!

テーマ:小野寺ブログ
アンビエックスでは戸建て住宅に限らず、すべての建築について、住宅と同じようにこだわって設計させていただいております。

先日は、子供たちが使う放課後自由教室のお引渡しをさせていただきました!



「M学園放課後自由教室@東京都三鷹市」

https://ambiex.jp/works/koukyousisetu/suzukakenoki%ef%bc%a0tokyo-mitaka-city.html




子供たちが元気よく遊ぶ様子を思い描くと、こちらもとても嬉しくなります。

たくさん遊んでね

ナガオカケンメイ「もうひとつのデザイン」@青山ブックセンター

テーマ:小野寺ブログ
ナガオカケンメイ_もうひとつのデザイン

みなさま、こんにちは。小野寺でございます。

東京では桜がすごい勢いで咲いております。お花見のご予定はお早めに




さて、私はと言いますと、デザイナーのナガオカケンメイさんのトークイベントに行って参りました。「もうひとつのデザイン」という書籍の出版記念イベントで、場所は青山ブックセンターです。


d&department というロング・ライフ・デザインをコンセプトにしたショップが私は好きでよく行くのですが、このd&department を手掛けているのがナガオカさんです。ショップだけではなく、観光や出版、飲食など活動は多岐に渡ります。
・作らなくていいものは作らない
・ものづくり産地をデザインで救う
・デザインをやりすぎない
・大量につくられてしまったものに対してどう接するか
・根付かせる
・古臭いのは良くないけど、新しすぎるのも良くない
・流行は敵
・デザイナーではなく、デザイン活動家
・成功しなくてもいい、健やかに成長したい
・社会のために、どう自腹を切れるか

・・・・・などなど。

使命感を持って、信念を持って活動されている様子が、心地よく伝わってきました。



ナガオカさんが言う「ロング・ライフ・デザイン」について、私も考えてみました。

きっとモノには「物理的な寿命」と「デザイン的な寿命」があるのではないか。

「物理的な寿命」は、読んで字のごとく、物理的に壊れてしまうまでの時間。
技術や知識、研究といった、誠意を持って積み重ねられた人間の力が発揮されるもの。

「デザイン的な寿命」は、人に愛される時間。
とでも言うのでしょうか。なにか、モノに人の心が宿り続ける時間。
必然性を伴ったデザインには、きっと普遍性がくっついてきて、そこには情緒も加わり、人に愛され続ける。
「デザイン的な寿命」が短いものは、ただの流行。もはや「デザイン」とは言わない。

そして、「デザイン的な寿命」が長いと、きっと「物理的な寿命」を補完できるのではないか。
そこにはきっと、修理して使うという、新たな喜びも生まれるのではないか。

「ロング・ライフ・デザイン」とは、「物理的な寿命」と「デザイン的な寿命」がバランスよく考えられたモノ。あるいは、コト。

きっとそれは、誰かの、誰かに対する「思いやり」から生まれるものなのだと思います。



イベント終了後、サイン会がありました。

前日に読み終わったばかりの「もうひとつのデザイン」を胸に抱き、私も列に並びました。

「僕、建築やってます。ロング・ライフ・アーキテクチャー目指して、がんばります!」と震えた声で言うと、

ナガオカさんは「そうですよ。いいですね!」と笑顔で、そしてとても真剣な眼差しで答えてくれたのでした。



「社会に生かされている以上、社会性のある仕事をしたい」と強く思った日でした。
TOPへ戻る