HOMEAMBIEXスタッフブログ > 小野寺ブログ

小野寺ブログ

ガルバリウム鋼板の色検討

テーマ:小野寺ブログ
ガルバリウム鋼板色検討
みなさんこんにちは。

小野寺です。アンビエックスの小野寺です。

最近は日中あたたかいですね

そんな晴れた日には、外壁に使うガルバリウム鋼板の色検討です。

色選びって難しいです

今見ているサンプルが、大きな面積になるとどう見えるのか。

日影だとどうか?日なたは?見る角度によっても違う。

大事なことは「総合的な判断」です

そして最後は「お好み」です。

ガルバリウム鋼板のコラムもご覧ください!

「長持ち!ガルバリウム鋼板の外壁」
https://ambiex.jp/column/c_sozai/galvalume.html

バレンタインのお話

テーマ:小野寺ブログ
バレンタイン
みなさんこんにちは!

アンビエックスの小野寺のブログのお時間です。

先日はバレンタインデーでしたね

みなさん、いくつもらいました??



僕はですね。。

なんとですね。。





お打合せのときに建主様にいただいてしまいました

フェアトレードの美味しいチョコレート。美味しくいただきました!


いつもいつもお心遣いいただきまして、本当にありがとうございます。

設計も大詰めの状況です。引き続き頑張ります

故郷の美味しいものたち

テーマ:小野寺ブログ
下処理前の白子
みなさま。こんにちは。小野寺です。


寒いですね


先日、いや、けっこう前、兄と酒を酌み交わしました。

そうです。三陸産の「感動の白子」をおつまみに。

下処理前の白子ですが、ちょっとグロテスクで申し訳ありません。。

これ、実はひとつにつながっています。筋を切り取って、食べやすい大きさに切るのです。
しゃぶしゃぶ後の白子
今回は、しゃぶしゃぶにして食べました!

感動する美味しさでした。

昨年も同じところからお取り寄せして食べたのですが、こんなにも美味しかったのかと、改めて感動させられたのでした。
日本酒
故郷の美味しいお酒も飲ませていただきました


もうすぐ震災から丸5年です。

想像を越える思いで生きている人たちが、故郷にたくさんいることを、私は忘れたくはありません。

いろんな思いがありながらも、普通に働いている人たちが、たくさんいること。その人たちが、美味しいものを東京に届けてくれること。

これほどまでに尊いことを、私は忘れたくはないです。



次の日は頭痛でしたが。。なぜでしょう。。




さて、このイベントは毎年恒例となるのか!?今後メンバーは増えるのか?!

また来年、お楽しみにお待ちください

秋葉原という街

テーマ:小野寺ブログ
秋葉原歩行者天国
みなさん、こんにちは。

小野寺でございます。



先日、秋葉原に行って参りました。

真空管アンプのキットやスピーカーを見に行きました

秋葉原という街は、本当にイメージ通りの街だなぁと思います。「オタク」と言われる方々が、とても分かりやすい見た目をして、闊歩しています。

大きな歩行者天国に、大きな電気屋さん
秋葉原電波会館
こちら、その名も「秋葉原電波会館」。隣接して「ラジオセンター」なるものもあります。

私はラジオセンターに用があったのですが、そこはカオスでした。アジア的カオス。1坪くらいの屋台みたいな店舗がひしめき、私は少しかがんで歩かなければならないほどに天井が低く、超マニアックな電子部品が並んでいます。

以前、壊れたヘッドホンを直すために部品を買いに来たのを思い出しました。

かなりマニアックで、ついていけません!


大きな電気屋さんと小さな電気屋さんが共存しているこの秋葉原という街。

独特のスケール感と、独特の文化をもつ、いい街です。

真空管アンプとスピーカーを自作することを心に決めて、私はアキバを後にしました。

ネルドリップはじめました

テーマ:小野寺ブログ
ネルドリップ
みなさん、こんにちは

小野寺です。

東京も寒い日が増えつつあります。

寒い日には温かいコーヒーなどを飲みたくなるものです。

そんなわけで私、ネルドリップをはじめました

オーガニックコットンの布で抽出するコーヒーです。

すごく美味しいです!ペーパードリップに比べて、コクが増しているような、まろやかになっているような。気のせいではないはずです。

そしてこのネルドリップ、何かと手間がかかります。

しかし!この手間こそが、いいのです。
(たいした手間ではありませんよ)

ちょっと失敗して濃くなったり、時間かけすぎてぬるくなったり。これもまた、いいのです。

一杯のコーヒーを淹れる時間と、そのコーヒーを楽しむ時間。心も体も休まる時間です。

この時間のために早起きしているような気もします。一石二鳥。いや、三鳥。

豊かな時を、ネルとともに。
TOPへ戻る