HOME > AMBIEXスタッフブログ

AMBIEXスタッフブログ

【だんだんハウス】設計の道のり

テーマ:布施ブログ
だんだんハウス模型
みなさんこんにちは。布施です。

だんだんハウスのオーナーである泰斗さんと出会ったのは、約2年前。
相続により引き継いだ、広大な土地の活用についてのご相談が始まりでした。

きっかけは、那須の叔父様行きつけのカフェ店主のご紹介。
せっかくならば、素材にこだわり、環境にも配慮した建物にしたいという思いから、お声かけ頂きました。
30代の若いオーナーと、建築に造詣の深い陶芸家の叔父様と盆栽家の叔母様、会計士、協力会社でもあるミドリムシ不動産、皆様のお力を借りながら、多いときには7名程の関係者で打合せを重ねてきました。





だんだんハウス模型
安全、安心に暮らせるエコヴィレッジを目標として、段階的に進めていくことをご提案し、今回は、その第一弾となる畑付賃貸長屋3戸の計画です。

敷地の中央に位置するケヤキの大木に向かって建物を振り、道路から少し奥まった場所に建物を配置。既存の樹木をなるべく生かしながら、落ち着いた住環境となるように配慮しています。
だんだんハウスplan
玄関アプローチには、深い軒をかけ、自転車やベビーカー、宅配の一時置き場所など雨に濡れずに使用できるスペースをゆったりと設けました。
日射をコントロールしながら、南北に風が抜けるように計画し、自然を取り込みながら中間期にも心地よく過ごせることを意識しています。
また、家事導線に配慮し、収納を適宜分散するなど、限られた空間でもなるべく機能性を高めることを大切に考えました。
ダイニング中央の壁に家族のメッセージが書けるチョークボードを設けたり、階段上部に半畳分の可動式読書コーナーを設けるなど、日常に楽しさをプラスできるようなしかけを用意しました。

さらに、1階は、玄関や水回りも含めほぼ全ての床に蓄熱式床暖房を設置し、リビング南側の大きな開口には、冬場の冷気対策としてハニカムサーモスクリーンを設ける予定です。


賃貸でも、素材に妥協せず、安心して心地よい豊かなくらしを営める住宅となるよう丁寧に設計しました。

目の前の畑で採れた新鮮な野菜で料理してお隣におすそ分けする。そんな、緩やかなコミュニティが育まれることを願っています。
敷地の中央に位置するケヤキの大木
敷地の中央に位置するケヤキの大木

樹形がとても美しく、シンボルツリーとなる木です

冬場は、すっかり葉を落とし、その枝振りがよく分かります
敷地の中央に位置するケヤキの大木
春先には新緑が清々しいケヤキの大木

ケヤキの木を通して、季節の変化を感じられるようどの住戸からも眺められる配置としています

蔵
既存の古い蔵

土壁としっくいのとても趣のある佇まいです
将来的にリノベーションをして活用できればと考えています
室内模型1
室内模型1

設計打合せ中、1/50スケールの模型にて検討
図面では、読み取りずらい空間的な考えを模型でご説明しました

室内模型2
室内模型2

キッチンレイアウトについての検討模型
いくつか案をつくり、空間としての広さや使い勝手など比較検討しました
cafe & gallery 温々

築170年の納屋をリノベーションした現場近くのギャラリーカフェ
雑木林に向かって開いた建物は、既存の骨格を生かしながらとても落ち着いた雰囲気です
ゆったりとした空間で食べるこだわりのランチと美味しいコーヒーはとても魅力的で、打合せ後に訪れるのが楽しみでした

【完成見楽会】クールでモダン、地震に強く、乾燥していて カビがない、心地よい賃貸住宅@小石川

テーマ:清水ブログ
完成見楽会@小石川


 見“楽”会では、実際に私達が建てさせていただいたお家の中で体験と共に、見て、触れて、知ることができます!!




 自然素材を完璧なまでに使用しており、かつクールでモダンであきのこないデザインになるよう配慮しました。


 さらに、入居者の安全を確保するため、建物の重さの芯と構造の強さの芯がずれないようにしております(偏心率0,1)。


 また、その性能が300年以上維持できるように建物の室内や壁内など主要構造部が乾燥する工法になっている。


 建物が結露(ガラスや壁内に水滴が発生する現象)しないよう、あたかも建物が生きているように、自動的に湿気を外に排出するような構造に作ってある。


 その結果、家のどこにもカビが発生しにくいようになっております。



 快適性と耐震性を兼ね備えた、今考えられる最も健康で安全な建物になっております。



 ホタテの漆喰壁に天然鉱石の顔料を混ぜ、濃いカラーの塗り壁を特別に開発しており、アクセントカラーを配置した壁が内装に良い変化を加えております。





日時:2019年26


   午前の部 10:00~12:00


   午後の部 13:30~15:30



場所:東京都文京区小石川


定員:午前の部 組(予約制)



   午後の部 組(予約制)



※1組の中での人数制限は特に設けておりませんが、最大で4~5名様程を想定しております。多人数になる場合は事前にご相談ください。


※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。参加希望の方は、お早いお問合せをお願い致します。



※賃貸に出す住宅をお借りして開催する関係上、開催場所の詳しい住所は伏せさせていただきます。お申込みいただいた方にのみ、当日のご来場方法を弊社よりご連絡差し上げます。


完成見楽会@小石川
完成見楽会@小石川
完成見楽会@小石川
完成見楽会@小石川

【家づくり勉強会】も同時開催!

『将来ずっと安心して暮らせる幸せなお家が欲しいと考えた時、まず何から始めたら良いのか分からない!』




 何を知っておくべき?

 どこを見たら良いの?




 そんな方に私たちが建ててきたお家のノウハウを分かりやすくお伝えします。



 この【家づくり勉強会】では、今すぐ知りたい将来の故郷になる土地の探し方や住宅ローンの銀行選び500万円以上得するローン、間取り、地震対策などの勉強会も同時開催いたします!



お申込み方法


株式会社アンビエックス ~住まいの相談室~


●湘南オフィス
 住所:神奈川県藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館3F SFIC内 
 電話:050-3538-6588
 Email: ambiex@ambiex.jp

●東京オフィス
 住所:東京都目黒区中根1-10-18
 電話:03-5731-3624
 Email: ambiex@ambiex.jp



 
 上記連絡先へお電話いただくか、下記のお問合せフォームよりお申込み下さい。



 なお、お問合せフォームにてお申込みいただく際は、【お問合せ内容】の欄に


“1/26(土) 【完成見楽会】クールでモダン、地震に強く、乾燥していて カビがない、心地よい賃貸住宅@小石川  参加希望”


とご記入いただき、


【午前の部】 
【午後の部】


どちらをご希望かもご記入いただき、送信ください。




  1. 必須
  2. 必須
  3. 必須
  4. ご興味のある住宅
  5. 右に表示されます英数字を入力して下さい
  6. Captcha
  7. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
    確認画面はありません。(ボタンを押すと直ちに送信します)
 

【家づくり勉強会】情報


日時:平成31年 1月20日(日) 13:00~16:00 
会場:藤沢商工会館ミナパーク内の貸会議室
   神奈川県藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館5F


日時:平成31年 2月  2日(土) 13:00~16:00
会場:藤沢商工会館ミナパーク内の貸会議室
   神奈川県藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館5F


上記の日程で、開催予定でございます!



こちらの【家づくり勉強会】も予約制になります!


参加希望の場合は、下記連絡先へお問合せいただくかお問合せフォームの【お問合せ内容】の欄に

①“【家づくり勉強会】 参加希望”
②参加希望の日時

をご記入いただき、送信願います。



株式会社アンビエックス ~住まいの相談室~

●湘南オフィス
 住所:神奈川県藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館3F SFIC内 
 電話:050-3538-6588
 Email: ambiex@ambiex.jp

●東京オフィス
 住所:東京都目黒区中根1-10-18
 電話:03-5731-3624
 Email: ambiex@ambiex.jp
  1. 必須
  2. 必須
  3. 必須
  4. ご興味のある住宅
  5. 右に表示されます英数字を入力して下さい
  6. Captcha
  7. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
    確認画面はありません。(ボタンを押すと直ちに送信します)
 

『ペレットストーブで暖かいお家見“楽”会&家づくり勉強会』@葉山

テーマ:清水ブログ
お住まい見学会@葉山


 見“楽”会では、実際に私達が建てさせていただいたお家の中で体験と共に、見て、触れて、知ることができ、実際にお住まいになっているお客様の生のお声を聴くこともできます!!



 建主様のご要望は、有害科学物質を使用しないのは勿論のこと、南側に直ぐ隣家が迫り陽当たりの心配な敷地でも明るく暮らせる家でした。



 そこで、2階LDKプランとしましたが、南面した一番陽当たりの良い場所にわざわざ階段を持ってきました。その理由は見学会で!



 また、2階はDKを中心とした全くオープンなワンルームです。予定以上に住みこなされておられてとてもいい雰囲気です。庭づくりもステキです。コンパクトながらオシャレでかわいいお家です。



 お住まい見学会でなければわからないリアルな暮らしぶり、是非体感してください。




日時:2019年27日 14:00~16:00



場所:神奈川県三浦郡葉山町「葉山の家」



定員:組(予約制)



※1組の中での人数制限は特に設けておりませんが、最大で4~5名様程を想定しております。多人数になる場合は事前にご相談ください。



※定員に達し次第、募集を締め切らせていただきます。参加希望の方は、お早いお問合せをお願い致します。



※既にお客様がお住まいになっている住宅をお借りして開催する関係上、開催場所の詳しい住所は伏せさせていただきます。お申込みいただいた方にのみ、当日のご来場方法を弊社よりご連絡差し上げます。


お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山
お住まい見学会@葉山

【家づくり勉強会】も同時開催!


 『将来ずっと安心して暮らせる幸せなお家が欲しいと考えた時、まず何から始めたら良いのか分からない!』



 何を知っておくべき?
 どこを見たら良いの?



 そんな方に私たちが建ててきたお家のノウハウを分かりやすくお伝えします。



 この【家づくり勉強会】では、今すぐ知りたい将来の故郷になる土地の探し方や住宅ローンの銀行選び500万円以上得するローン、間取り、地震対策などの勉強会も同時開催いたします!

 

お申込み方法

株式会社アンビエックス ~住まいの相談室~

●湘南オフィス
 住所:神奈川県藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館3F SFIC内 
 電話:050-3538-6588
 Email: ambiex@ambiex.jp

●東京オフィス
 住所:東京都目黒区中根1-10-18
 電話:03-5731-3624
 Email: ambiex@ambiex.jp



 
 上記連絡先へお電話いただくか、下記のお問合せフォームよりお申込み下さい。

 なお、お問合せフォームにてお申込みいただく際は、【お問合せ内容】の欄に“1/27(日) 『ペレットストーブで暖かいお家見学会』@葉山 参加希望”とご記入ください。


  1. 必須
  2. 必須
  3. 必須
  4. ご興味のある住宅
  5. 右に表示されます英数字を入力して下さい
  6. Captcha
  7. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
    確認画面はありません。(ボタンを押すと直ちに送信します)
 

【家づくり勉強会】情報

日時:平成31年 1月20日(日) 13:00~16:00 
会場:藤沢商工会館ミナパーク内の貸会議室
   神奈川県藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館5F


日時:平成31年 2月  2日(土) 13:00~16:00
会場:藤沢商工会館ミナパーク内の貸会議室
   神奈川県藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館5F


上記の日程で、開催予定でございます!

こちらの【家づくり勉強会】も予約制になります!

参加希望の場合は、下記連絡先へお問合せいただくかお問合せフォームの【お問合せ内容】の欄に

①“【家づくり勉強会】 参加希望”
②参加希望の日時

をご記入いただき、送信願います。



株式会社アンビエックス ~住まいの相談室~

●湘南オフィス
 住所:神奈川県藤沢市藤沢607番地の1 藤沢商工会館3F SFIC内 
 電話:050-3538-6588
 Email: ambiex@ambiex.jp

●東京オフィス
 住所:東京都目黒区中根1-10-18
 電話:03-5731-3624
 Email: ambiex@ambiex.jp


  1. 必須
  2. 必須
  3. 必須
  4. ご興味のある住宅
  5. 右に表示されます英数字を入力して下さい
  6. Captcha
  7. 上記の内容でよろしければ送信ボタンをクリックしてください。
    確認画面はありません。(ボタンを押すと直ちに送信します)
 

木こりの山仕事体験ツアー2018 in くりこま ~建築家はやっぱり山に行け~

テーマ:小野寺ブログ
エコラの森
みなさま、こんにちは。小野寺です。


今年もあと少し。
終わりよければすべて良しの精神で、頑張りましょう。



久しぶりの更新となってしまいましたが、先日スタッフとして参加した「木こりの山仕事体験ツアー」について書きたいと思います。


↓↓こちらもお読みください↓↓



5月に参加した皮むき間伐ツアー同様、今回のツアーでも感じたこと。

それは、「建築家はやっぱり山へ行け」でした。
玉切り

山に行き、林業に関わる人たちの話を聞き、木を伐る。

私はこの体験をし、設計への向き合い方が変わりました。遠く宮城の森へ、想いを巡らせるようになりました。

やっぱり、日本にたくさんある木を使うべきです。

適切に使うことで、それが山の環境を守ることにつながります。山の環境を守ることは、人の暮らしを守ることにつながります。

もちろん、いろいろあります。設計してると、本当にいろいろあります。

でも、建主様の暮らしはもちろんですが、山のことや木こりさんのことを考えながら設計できたら、素敵じゃないすか。

その「素敵」を建主様と共有しながら進めていけるなんて、本当に幸せなことです。

建築をつくることで、いろんな人が幸せになり、社会が豊かになる。そうありたいです。

私は、建築の力を信じたいです。

建築の力で、すべてをより良くしたい。そう思っています。

建築家は、形のない複雑な全体をまとめ、形ある建築として答えを出すことができます。

答えを出すまでの間に、いろんな人と助け合います。その横のつながりこそが、とても大切です。

ひとりでできることなんて、ひとつもありません。
笑顔の伐採1
笑顔の伐採2
だからやっぱり、建築家は山に行った方がいい。

信念を持って山と向き合い、社会のために働く林業者のことを知るべきです。

自分が図面で指定している、その材料のこと。どれだけ知っているのでしょう。その材料の故郷を知るべきです。
いい顔です
親子でいい顔です
まあ、とは言いましても、まずは気軽に行きましょう。

お酒でも飲みながら、みんなで楽しく話しましょう。
朝ごはんもいい顔です
いい顔してます
そろそろお気づきかもしれませんが、みんな、いい顔してるんです。

それこそが、山からの一番の恵みなのかもしれません。

木こりの山仕事体験ツアー2018 in くりこま~充実の料理~

テーマ:布施ブログ
食事風景
みなさんこんにちは。
スタッフの布施です。

気が付いたら、もう年末ですね。。
ここからお正月までは、油断しているとあっという間ですので、一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

先日の(早いものでかれこれ1か月前になりますが)くりこまツアーのブログです。

テーマは「充実の料理」です。


宜しければ、お付き合いください。


今回のツアーでは、初めて料理担当として参加しました。
とはいえ、出張料理人のかおるさんという強力なシェフに参戦頂いたので、主にそのサポートをするという役割でした。
かおるさんは、前回のツアーからご協力頂いている方で、買い出しリストから詳細なレシピまで取りまとめて頂き、限られた予算の中でも地元の食材にこだわり、妥協をしないとても頼もしい方です。

買い出しに行った道の駅では、段ボール7箱くらいの地元野菜を爆買い。
これは、テンションが上がります。

そして、その膨大な量の野菜をひたすらカットしていくという、何とも修行のような、でもある意味よい集中をして無心になれる時間があっという間に過ぎていきました。

時々、参加者の方々がプログラムの合間にお手伝いに来て頂き、皆で楽しくおしゃべりをしながらその時々のチームワークで料理を進めていきます。
それぞれの経験を持ち寄りながら、そして協力し合いながら料理をするというのは、普段の料理とも違ってとても充実した楽しい時間でした。

そのようにして、かおるさんを中心に出来上がっていく色とりどりの料理がテーブルに並ぶと、参加者の方々からも歓声が上がっていました。


今や、このツアーの大きな魅力の一つになっているかおるさんの料理、ぜひ食べに来てください。
旬のキノコを使った炊き込みご飯
朝食
旬のキノコを使った炊き込みご飯と豆腐となめこの味噌汁。
おかずは、里芋のそぼろあんかけ、五目ひじき、ホウレンソウのおひたし、
はやとうりの浅漬け。
おひたしには、道の駅で衝動買いした2色の菊の花が彩を添えています。
鶏と秋野菜のカレー
昼食
山での伐採体験後のお昼は、鶏と秋野菜のカレー。
付け合わせとして、リンゴのサラダ、ポテトサラダ、野菜のマリネが並びます。
テラスでランチ
テラスでランチ
とても良い天気だったので、テラスで昼食をとりました。
紅葉がきれいに色付いています。
遠くの山々もきれいに紅葉していました。

はらこめし
夕食
宮城の郷土料理である、はらこめし、はっと汁。
おかずは鶏のから揚げ、サトイモフライ、さといもコロッケ、かぼちゃのチーズ焼き。
さといもコロッケは、朝食のそぼろあんかけのリメイク。
無駄にせず、より美味しく食べることを意識したよく考えられた献立です。
さつまいもごはん
最終日の昼食
さつまいもごはん、小松菜とおあげの味噌汁。
おかずは、2種類のたまごやき(桜エビと三つ葉、ひじき煮)、小松菜ナムルのそぼろあえ、菜の花のナムル、だしがらいりこのマリネ。
だしがらいりこのマリネは、とても好評でした。だしがらだからこそ、臭みやくせがなくあっさりと頂けるそうです。
だしがらまで余すことなく、美味しい料理にしてしまうかおるさんの手腕に脱帽です。
細長かぼちゃ
調理風景01
へちまのような細長いカボチャと天然住宅スタッフの竜二くん。
この後、カボチャとの壮絶な戦いが。。
きのこ工場01
きのこ工場01    
小さな子供たちもお手伝い。
きのこ工場02
きのこ工場02
小学生になると包丁も使えるようになります。
左手がちゃんと猫の手になっています。
盛り付け
盛り付け
子供たちも積極的にお手伝いをしてくれています。
盛り付けを相談中。
調理風景02
調理風景02
厨房が広く、多いときは6人くらいで作業していました。
ガスコンロも業務用の大火力のものが並んでいて、テンションが上がります。
TOPへ戻る