HOME > AMBIEXスタッフブログ

AMBIEXスタッフブログ

土壁デザイン検討

テーマ:布施ブログ
はらぺこあおむし
みなさん、こんにちは。
スタッフの布施です。

現在進捗中の保育園木質化リフォームにて、土壁アートを検討しています。

作品を手掛けて頂く三木さんは、左官名人榎本新吉さんのお弟子さんだそうで、喫茶店でアルバイトをしているときに榎本さんに声掛けられ、左官の道に飛び込んだそうです。


今回、「木育」をテーマに保育園らしい題材ということで、はらぺこあおむしをモチーフにしています。
あおむしが成長して美しい蝶になるように、子供たちの成長を重ねています

色は全て天然の土のみで、化学接着剤などケミカルなものは一切使用しないそうで、AMBIEXの考え方に共通するものがあります。


今後、住宅を設計する中でもご提案していければと思います。


温かみのある印象に残る壁になりそうで、完成が楽しみです
はらぺこおあむし
はらぺこおあむしのサンプル。

土ならではの素朴でやさしい雰囲気がよく出ています。
背景の白土は、無漂白のわらが混ぜ込まれ、漆喰とも違うやわらかい白色を表現しています。

全て土そのものの色で、遠くは沖永良部島の土もあります。
師匠の榎本さんが日本全国で収集した土が200種類程ストックされているそうです。
土絵サンプル
土絵サンプル。

当初検討していた山並みをイメージした抽象的なデザイン。
土絵サンプル
土絵サンプル。

事例として見せて頂いた土絵のサンプル。
絵本の世界を色彩豊かに表現しています。
これも全て土でできているとは驚きです

栗駒伐採ツアー

テーマ:布施ブログ
エコラの森保養所
みなさんこんにちは。スタッフの布施です。

先週末、栗駒へ伐採ツアーに行ってきました

僕自身、5年振りの参加となりましたが、以前に比べ遥かに充実した内容となっておりました。

今回、初めて息子も連れて行きましたが、大自然の中、薪割り体験、牛や馬との触れ合い、伐採体験(これは見てただけですが)など、終始楽しそうに過ごしていました

滞在中、参加者の方々に沢山声を掛けて頂いたからか、帰宅後、妻にこの3日間でおしゃべりが上手になった気がすると言われるほどでした


子供にとっては、とても貴重な体験が沢山詰まったツアーですので、小さな子供さんのいるご家族にもオススメしたいです。


次回、来春の皮むき間伐ツアーも今から楽しみです!

今年の皮むき間伐ツアーの様子はこちらの天然住宅HPをご覧ください。
薪割り体験
薪割り体験。
参加者の小学6年生の子供さんです。
すっかりハマってしまい、休憩時間も惜しんで、誰よりも薪を割っていました。

どんどん上手くなり、最終的に、栗駒のスタッフの方からスカウトされていました
薪割り体験
息子と一緒に薪割り体験。
最初は、緊張の面持ちでしたが、徐々に楽しくなってきたようで、最終的に、誰よりも大きな声で「よいしょー!」と掛け声をかけていました
休憩中
自然の中にいると、子供たちは、自由に周囲のもので遊び始めます。
栗拾い
山の中では、栗拾い。
伐採場所までの移動
伐採場所までの移動。
薪割り体験の場所から伐採場所まで山道を歩きます。
2回目は、馬やトラックの荷台に揺られて上りました。
馬乗り体験
馬乗り体験。
いい笑顔です
馬搬をしてくれる琴姫。優しい表情に皆癒されていました。

栗駒くんえん工場見学
栗駒くんえん工場見学。
杉のチップの山に腰かけたり、触ったり、匂いを嗅いだりと、子供たちは素直な行動をします。
笹舟作り
お兄さんに笹舟を作ってもらい興味津々です。

地鎮式@東京都江戸川区

テーマ:小野寺ブログ
地鎮式
みなさま、こんにちは。

アンビエックススタッフの小野寺です。

週末は秋晴れの東京です


先日、東京都江戸川区で地鎮式を執り行いました。

グループホームのプロジェクトになります。

こちら⇒https://ambiex.jp/works/project/edogawa_grouphome.html

今回は、神式ではなく、仏式です。仏式の場合、地鎮式や起工式という言い方をします。
鎮物土入
工事の安全を願うと同時に、土地に関わる全ての生き物の供養の意味合いもあるそうです。

掘っておいた穴に、ご住職が鎮物をおさめ、盛砂の土を入れます。続いて、参加者はひとりずつお焼香をあげ、土入れをしていきました。

神式の場合は基礎工事の際に埋めるのですが、仏式は地鎮式の際に参加者で埋めるようです

また、神式では、「エイ、エイ」と声を出しながら盛砂に鋤を入れたりしますが、今回はそれはありません。

お供えものも、神式では鯛をお供えしますが、仏式ではありませんでした。

神式とはまた違う雰囲気です。

仏式もいいですよ!
散華
式中に、ご住職が蓮の花びらの形をした紙を撒きます。

こちら、散華というようです。

いただいてよいとのことでしたので、ひとついただいてまいりました。

裏にはそれぞれ違うお言葉が書いてあるとのこと。


「よろこんで、あたえる人間となろう」


確かに、いただきました。

受け取りました。

がんばります

完成見学会&お引渡し式@鎌倉

テーマ:小野寺ブログ
建主様のご挨拶
みなさん。こんにちは。スタッフの小野寺です。

東京は少し寒くなってきました。秋らしい空模様に安心します


先日の鎌倉での完成見学会は、建主様のご協力もあり、大盛況でした。どうもありがとうございます!

建主様にもご挨拶していただいたのですが、ご主人も奥様も、お話がお上手で

私にも、教えてください。


記念撮影
お引渡し式もさせていただきました。

アンビエックスからはイチョウのまな板をプレゼント!

イチョウの木はまな板に適していると言います。

水はけがよく、その硬さは包丁との相性抜群なのだとか。

ぜひお料理教室で使ってください!

※記念撮影したのですが、私がもらったような写り方で申し訳ありません。。ちゃんと渡しましたよ!

すまうとのパーソナルチェア
今回の完成見学会では、「すまうと」さんという静岡の家具屋さんに家具を展示していただきました。


すまうと⇒http://www.smaut.net/


すまうとさん、もちろんただの家具屋さんではありません。

我々と同じコンセプトで、家具のデザインから製作まで手掛けています。

ボンドは使わず、無垢の良さを引き立てる、美しい構造デザインです。

かっこいいです。そして、もちろん使用感は抜群です。

これぞ、「デザイン」です。

そして、代表の野木村さんも、かっこいいです。
すまうとのソファとスタッフ
今回の見学会も、大変多くの方に来ていただきました。

私個人としても、とても幸せなひと時でした。

建主様のおかげです。本当に感謝しかありません。

これからの暮らし、私も楽しみにしています

そして、建主様とはこれからも一緒にイベントを計画していく予定です!お楽しみに!


※写真は、見学会の合間にすまうとさんのソファでくつろいでいたら、急にカメラを向けられ、カメラを見たら良いのか、見ない方が良いのか、それぞれ迷って、答えにバラつきが出た様子です。

保育園木質化リフォーム02

テーマ:布施ブログ
床下へのウール断熱充填
みなさん、こんにちは。
スタッフの布施です。

今回も、保育園木質化リフォームの現場の様子をお届けします。

リフォームの現場では、時々想定外なことが起こります。

先日、和室の畳を剥がしたところ、床下に断熱材がありませんでした
今回、杉床へ張り替えるにあたり、現場監督の裁量で、ウール断熱を充填してもらっていました
現場の想定外に対する対応力によって、快適さや仕上りが大きく変わってきますね。

これから寒くなるので、ウールと杉床が効果を発揮してくれることを期待しています


窓付建具
天井高まで目一杯の窓付建具。
スッキリと見せるため、なるべく余分な要素はなくしました。
枠をなくし、窓の押縁をなくし、壁の巾木や廻り縁もありません。
出隅の納まり
出隅の納まり。
細かいところですが、壁の出隅は、5㎜の目透かし(溝)を施しています。
突き付けによる目違いや、将来的に木が動いたときのズレが目立たない工夫です。
無垢材ならではの意匠ですね
しっくいワークショップ。
しっくいワークショップ。
オーナーのご主人自らしっくい塗をしています。
しっくい塗の勉強をされているだけあって、職人さんも感心するほどの腕前でした。
仕上りが楽しみです
TOPへ戻る