HOME > AMBIEXスタッフブログ

AMBIEXスタッフブログ

完了検査に行って来ました@東京都府中市

テーマ:小野寺ブログ
和紙クロスと杉
みなさんこんにちは。

小野寺です

東京は桜が満開です!



先日、東京都府中市に完了検査に行って参りました。

和紙クロス貼りの壁と天井は、杉の梁を際立たせます。
杉の軸組
高さの制限が厳しく、屋根の構造が複雑でした。

しかし、さすが大工さんです

綺麗に組んでいただきました。天井の杉板張りも綺麗です。


とても気持ちの良い空間でした。やはり、空気質が違う!

コラム「有害化学物質を避ける家づくり」http://ambiex.jp/column/c_kenkou/kagakubussitsu.html


住宅は完了検査でしたが、ご家族の物語はこれから始まります。ワクワクしますね!

☆本の紹介☆

テーマ:清水ブログ
山地酪農
先日読んだ本の紹介です。

山で放牧して、搾乳をしている酪農家のお話です。
というと「普通の酪農じゃないの?」と思うかもしれませんが・・

実際、日本の乳牛のほとんどは、牛舎に押し込められていて、牛乳のパッケージにあるような放牧風景なんて見ることはできないということ。

草ではなく、海外から輸入された穀物がどうして餌として使われているのかとか、どうして放牧をしていた酪農家が、放牧形式の酪農をやめなければいけなくなったのか、など。

私は牛乳好きで良く飲むのですが、普通に売られている牛乳を飲むのが悲しくなってしまいました。
輸入された穀物は遺伝子組み換えなのではないかとか、食品としての危険性の心配もあります。
けど、それ以上に過酷な環境で「牛乳製造マシーン」として扱われている牛の話を読むと、自然の中で放牧されている牛がどれだけ幸せなのか、とかそういう幸せな牛のくれた牛乳が飲みたい、とか。
色々考えさせられました。

「牛乳」がどういうものなのか、皆さんにも知っていただきたいです。


外構工事

テーマ:清水ブログ
「外構工事」とは、家本体ではなく外で行われる工事全般のことです。
門をつけたり、塀を建てたり、庭木を植えてみたり・・・等々

家そのものではないですが、家のイメージを決める大切な部分でもあります。
新築の計画をする際には、予算も含めて一緒に計画するのが望ましいです。

ただ、家本体の予算が膨らんでしまうと
どうしても削られがちな部分でもあります・・・

今回は庭を更地でお引き渡し後
建て主様ご自身で、素敵なお庭にしていただいた例を紹介いたします!


before
アプローチ1
お引き渡しの時。
ただ土があるだけ。
→
after
アプローチ1
そっけない感じだったアプローチが、緑が入ると優しい感じに・・・!
ポストのレイアウトなんかも検討してみたりされたそうです。
季節のお花が咲いていると、嬉しい気持ちになります!

ポストのの色や、外壁の色の変化に月日の流れを感じますね。


before
裏庭
広い裏庭です。

見えないのですが、ホントは写真外までお庭です。
→
after
裏庭
プチ農家のような暮らしをされているという事で
作業小屋やあったり、写真外ですが菜園が作られていたりしていました。
周囲の農家のかたとあまりかち合わないような作物をつくっているとか。
before
アプローチ2
門柱灯やポストにも建て主様のこだわりが感じられます・・。
→
after
アプローチ2
植栽や小物が加わって、すごく雰囲気のあるお家になっていました。
こちらもが年月が経ち柱の色にも味わいがでています。


結局何を言いたいのか、ということですが。

念願のマイホームを建てるとき、いろんな希望がありすぎて
どうしても予算は膨らみがちです。

そんな時、思い切って自分でできる所は、住みながら作っていく!
という選択肢もあるな、という事です。

完成してお引き渡しされるお庭も良いですが
自分で住みながら、ちょっとづつお庭を作っていく、という楽しみ方もありますよ!ということです。

窓から見える所に植えるお花を考えてみたり、
菜園で何を育てるか、計画をたててみたり・・・
自分の家だから、好きなように楽しんでほしいのです。
(もちろんご相談には乗りますので!!)

アンビエックスの家は、自然素材を生かしたシンプルなデザインが多いので
いろんな建て主様のカラーに無理なく馴染んでくれます・・・

あー、私も庭が欲しいー!


鎌倉の風に吹かれて ~逗子編~

テーマ:小野寺ブログ
ベジバーガー
みなさま。こんにちは。小野寺です。

最近、少しずつ春っぽくなってきた東京です

今週末にも桜が咲くかもしれません!



先日、鎌倉の建主様とお打合せをし、ランチをいただきました。

逗子にあるビーチ・マフィンというお店に連れて行ってもらいました。古材やアンティークの雑貨などがセンス良く使われており、とても素敵な雰囲気でした

有機栽培や無農薬にこだわった野菜が使われています。動物性のものは使われていないようです。

ベジバーガーというバーガーをいただきました!肉を使っていないのに食べごたえがあり、とても美味しかったです


建主のS様にはいつもこだわったものをごちそうしていただいて、とても感謝感謝しております。いつも勉強になります。


我々のこだわり。いろいろな分野の方々のこだわり。コラボレーションしたいですね!


ビーチ・マフィンhttp://www.beachmuffin.net/Beach_Muffin/home.html


アンビエックスのこだわりhttp://ambiex.jp/defference


自然素材リノベーション@目黒

テーマ:布施ブログ
回転障子による間仕切り
本日、目黒の自然素材リノベーションの現場にてお引渡し前の設計検査をしてきました

設計検査では、主に建具の動きや仕上げの汚れや傷の確認をし、住まい手の目線で使い勝手に問題ないかなど最終的な確認をしていきます。

特に、無垢の建具は乾燥収縮などの影響により、多少のそりが出ることがあるので、調整が必要になる場合があります。

その状態に応じて、くせを付けたり削ったりしながら調整ができるのは無垢材ならではですね



今週末3/19(土)にオープンハウスを行いますので、ご興味がある方はぜひお立寄りください。

下記天然住宅HPよりお申込み下さい。http://tennen.org/event/renove.html

before
既存リビング
既存のリビングと壁で仕切られた和室
→
after
回転障子による間仕切り
回転障子により部屋としても仕切れる可変性のあるリビングダイニング。
窓には断熱性能を高める木製内窓を取付け、窓まわりもやわらかい印象となりました。
before
既存和室
既存和室
→
after
ダイニング兼宿泊部屋
ヒノキの丸太柱と梁が印象的なダイニングスペース。
親類が遊びに来たときには、回転障子により宿泊部屋として仕切れます。
布団も入る天井までめいっぱいの収納も付けました。
before
既存キッチン
壁で仕切られた少し暗い印象の既存キッチン
→
after
明るい対面キッチン
リビングダイニングを通して窓の外まで見渡せる、開放的な対面キッチンとなりました。

食器棚も米ノリを使用した無垢の造り付家具です。
before
既存廊下
既存廊下
→
after
杉板の壁面廊下
建具と同化した杉板壁面により、やわらかい印象の廊下となりました。
リビングの壁面収納
リビングにはしっくい壁を挟んで上下に壁面収納を設けることで、限られた空間でも圧迫感を与えずに大容量の収納力を確保しました。

光と風を通す無双窓
南北に仕切られた部屋の間仕切り壁に無双窓を造り付けました。
寝室のクローゼットの一部を利用して光と風を通す工夫です。
TOPへ戻る