HOME > AMBIEXスタッフブログ

AMBIEXスタッフブログ

完成見学会&お引渡し式@鎌倉

テーマ:小野寺ブログ
建主様のご挨拶
みなさん。こんにちは。スタッフの小野寺です。

東京は少し寒くなってきました。秋らしい空模様に安心します


先日の鎌倉での完成見学会は、建主様のご協力もあり、大盛況でした。どうもありがとうございます!

建主様にもご挨拶していただいたのですが、ご主人も奥様も、お話がお上手で

私にも、教えてください。


記念撮影
お引渡し式もさせていただきました。

アンビエックスからはイチョウのまな板をプレゼント!

イチョウの木はまな板に適していると言います。

水はけがよく、その硬さは包丁との相性抜群なのだとか。

ぜひお料理教室で使ってください!

※記念撮影したのですが、私がもらったような写り方で申し訳ありません。。ちゃんと渡しましたよ!

すまうとのパーソナルチェア
今回の完成見学会では、「すまうと」さんという静岡の家具屋さんに家具を展示していただきました。


すまうと⇒http://www.smaut.net/


すまうとさん、もちろんただの家具屋さんではありません。

我々と同じコンセプトで、家具のデザインから製作まで手掛けています。

ボンドは使わず、無垢の良さを引き立てる、美しい構造デザインです。

かっこいいです。そして、もちろん使用感は抜群です。

これぞ、「デザイン」です。

そして、代表の野木村さんも、かっこいいです。
すまうとのソファとスタッフ
今回の見学会も、大変多くの方に来ていただきました。

私個人としても、とても幸せなひと時でした。

建主様のおかげです。本当に感謝しかありません。

これからの暮らし、私も楽しみにしています

そして、建主様とはこれからも一緒にイベントを計画していく予定です!お楽しみに!


※写真は、見学会の合間にすまうとさんのソファでくつろいでいたら、急にカメラを向けられ、カメラを見たら良いのか、見ない方が良いのか、それぞれ迷って、答えにバラつきが出た様子です。

保育園木質化リフォーム02

テーマ:布施ブログ
床下へのウール断熱充填
みなさん、こんにちは。
スタッフの布施です。

今回も、保育園木質化リフォームの現場の様子をお届けします。

リフォームの現場では、時々想定外なことが起こります。

先日、和室の畳を剥がしたところ、床下に断熱材がありませんでした
今回、杉床へ張り替えるにあたり、現場監督の裁量で、ウール断熱を充填してもらっていました
現場の想定外に対する対応力によって、快適さや仕上りが大きく変わってきますね。

これから寒くなるので、ウールと杉床が効果を発揮してくれることを期待しています


窓付建具
天井高まで目一杯の窓付建具。
スッキリと見せるため、なるべく余分な要素はなくしました。
枠をなくし、窓の押縁をなくし、壁の巾木や廻り縁もありません。
出隅の納まり
出隅の納まり。
細かいところですが、壁の出隅は、5㎜の目透かし(溝)を施しています。
突き付けによる目違いや、将来的に木が動いたときのズレが目立たない工夫です。
無垢材ならではの意匠ですね
しっくいワークショップ。
しっくいワークショップ。
オーナーのご主人自らしっくい塗をしています。
しっくい塗の勉強をされているだけあって、職人さんも感心するほどの腕前でした。
仕上りが楽しみです

完成見学会を開催します@鎌倉市

テーマ:小野寺ブログ
ガルバリウム鋼板の外壁

こんにちは。スタッフの小野寺です。


みなさま、お元気でしたでしょうか?


鎌倉市の住宅が完成致しました


この度、建主様のご厚意により、完成見学会を開催させていただくことになりました。


しかも、10月22日(土)、10月23日(日)の2daysです


お申し込みは天然住宅のHPにてお受けしております


tennen.org/event/kamakura-2.html



外壁はガルバリウム鋼板です。以前、このブログでもご紹介させていただきました。

周囲の落ち着いた環境になじむように、張り方と色を慎重に検討させていただきました。ヒノキのバルコニーと布団掛けがアクセントになっています。
造作キッチンと御影石の作業台
奥様がマクロビ料理の料理教室をする予定なので、キッチンにはこだわりました。大勢での作業を想定しています。

こだわりの造作キッチンは国産杉材です

手前は作業台。天板は天然の御影石です。

みなさんで囲んで作業ができます。

もちろん、簡単な食事もできるのです。

あるいは、奥様がお料理しているときにお子さんが勉強したり
造作洗面台
洗面台です。ニッチには神代ニレ、鏡枠にはの木を使っています。
※鏡への映り込みは気にしないで下さい。
カラークロスのトイレ
トイレには黄色のカラークロスを採用しました。
階段下のテレビ台と間接照明
杉の軽やかな階段の下にはテレビ台を作りました。テレビの後ろに間接照明を設えると、目が疲れにくいといいます。
ほんの一部ご紹介させていただきましたが、今後「実例」にもアップしますので、ご期待ください!


完成までに、大変長いお時間を頂戴してしまった建主様です。

途中、奥様のご出産もありました。

かわいいお子さんのために、私も気が引き締まりました。

いろいろあったなぁ、などと個人的な想いもありながらも、やはり、「おめでとうございます」の一言です。

家は住み始めてから本当の家になるのだと思います。

そして、アンビエックスの住宅は、住めば住むほどに、いい家になっていくはずです。

建主様のこれからの暮らしを、私も楽しみにしております


完成見学会へのお申し込みは天然住宅のHPへ!

http://tennen.org/event/kamakura-2.html


保育園木質化リフォーム

テーマ:布施ブログ
木質化工事
みなさん、こんにちは。

アンビエックスの布施です。

現在進行中の保育園の木質化リフォーム現場をご紹介します。

今回、「木育推進事業」として木質化工事費の半額が補助金として出る予定です。
東京都としても小さい子供の環境作りと多摩産材の利用を後押ししている素晴らしい制度だと思います

既存の保育園を運営しながらの工事ということで、各部屋順番に土日祝限定の難しい工事となっていますが、現場監督の濱中君(素材工房)をはじめ、職人さんが一致団結して頑張ってくれているため、滞りなく進んでいます

写真は、サッシ枠を杉の無垢材で作っているところです。

外壁には断熱材が入っていなかったので、ウール断熱材を充填し、一部構造補強もしました。







before
既存幼児用トイレ
既存の幼児用トイレ。

北側に面し、冬場は寒く、床のタイルが冷たいためゴムマットを敷いていました。
→
after
幼児用トイレ
リフォーム後の幼児用トイレ。

廊下との段差をなくし、出入口もオープンにし、床と壁を多摩産の杉材で覆いました。
裸足でも温かみのある空間となりました。
サッシ枠も杉の無垢材に変えたのが効いています。
杉板張りの壁
杉板張りの壁。

カンナ掛けをした超仕上げの杉板張りなので、製油分により塗装をしたように艶が出ています。




before
既存の下足入れ
既存の下足入れ。
→
after
杉の下足入れ
杉の下足入れ。

職員用の下足入れ部分のみ建具(引戸)を入れました。
白木のキレイな仕上がりとなりました。

サーモグラフィーカメラ

テーマ:布施ブログ
サーモグラフィーカメラ
みなさんこんにちは。アンビエックスの布施です。


アンビエックスではこの夏、サーモグラフィーカメラを購入しました。

i-phoneやi-padに装着して使用するタイプの持ち運びに便利な優れものです。

今後、体感だけではなく、視覚的にもAMBIEXで設計した住宅の温熱環境を確認していきたいと考えております。


早速、よく晴れた真夏の日中に自宅で試してみました


アルミサッシの温度
アルミサッシの温度です。
直射光を受けて温度が高くなっているのが分かります。
カーテンの温度
カーテンを閉じるだけで、表面温度は6℃下がりました。
やはり布の方が熱を伝えにくいですね。
外壁の温度
外壁の温度です。
左官壁のため、そこまで温度は上がっていません。
散水後の外壁温度
外壁に水を撒いてみました。
水で冷やされ、温度が10℃近く下がりました。
外壁に水を撒くと、気化熱作用により熱が奪われ、室内も少し涼しくなります。

子供の水鉄砲が大活躍しました
TOPへ戻る